子供向けパソコンの選び方

プログラミング

今やパソコンよりスマホ一つあったほうが、何でもできる時代です。スマホはあるが、パソコンは触ったことがないなんて人もいるくらいです。

パソコンでネット検索しかしない人は、スマホで代用できます。パソコンがない家庭も多くなています。

パソコンは仕事をするうえで、必要な能力です。ぜひ子供に触らせてあげてください。

パソコンでできること

スマホでできることは多いですが、パソコンでしかできないこともあります。

子供が楽しむパソコンでできること

  • 動画視聴…YouTube・ニコニコ動画
  • SNS…ツイッター・FaceBook
  • ブログ…はてなブログ・アメブロ
  • プログラミング…スクラッチ(アニメーション・アプリゲーム制作)
  • お絵描き…ClipStudiioPaint(ドローイング)
  • 動画制作…macXvideo
  • CG…メタセコイヤ(モデリング)

無料ソフトだけでいろんなことができます。

OSはWinかMacか?

OSはwindowsとMacどっちを選ぶのがいいのか?

それぞれの普及率は、Win:Mac=6:4くらいです。

それぞれのOSのイメージ

  • Win…ビジネス向け
  • Mac…クリエイティブ向け

Winはもともとプログラマーやビジネスマンだけが使うものでした。Macがデスクトップアイコンを導入し、視覚化したことで一般向けに売り出しました。

今はWinもデスクトップアイコンを使っていますし、差はなくなっています。

ソフトやアプリもWin・Mac両方に対応していものがほとんどなので、どちらを選んでも使いにくさはないでしょう。

特にこだわりがないなら、Winがおすすめです。小中学校にあるパソコンはWinなので、馴染みやすいからです。

Officeは必要か?

Officeソフトとは、マイクロソフトが作っているソフトの総称です。

  • Word(ワード)…文章制作ソフト・ワープロソフト
  • Excel(エクセル)…表計算ソフト
  • PowerPoint…プレゼンソフト

マイクロソフト製のパソコンを買うと、最初からパソコンに入っているソフトです。しかしOfficeソフトが入っているかどうかで、パソコンの値段が数万円は違います。

ソフトが数万円は高い…。

子供が使うパソコンにOfficeソフトは必要ないと考える人は、Officeソフトの入っていないパソコンを選ぶといいです。

Officeソフトの代替品

Officeソフトの入っていないパソコンを買った後、代替ソフトをインストールします。

キングソフトオフィス

  • Officeソフトとの互換性…◎
  • 使いやすさ…○

LibreOffice

  • Officeソフトとの互換性…△
  • 使いやすさ…△
  • Writer…ワープロソフト
  • Calc…表計算ソフト
  • impress…プレゼンソフト

子供用パソコンを選ぶポイント

  • OSはWindows
  • 軽い
  • 安い

ブルーライト対策も忘れずに。

スポットライトブルーライトが与える影響の嘘とホント

マウスコンピューター



  • アメリカメーカーのパソコン
  • 安い
  • Office代替ソフトがついている
  • 軽い