AirTag(エアタグ)は子供の見守りGPSとしてアリか?検証する|買い切り・小さい管理不要で使いやすい

AirTag(エアタグ)は子供の見守りGPSとしてアリか?検証する|買い切り・小さい管理不要で使いやすい

子供のみまもりGPSにAirTag(エアタグ)の利用を考えている方へ。

「AirTagを子供に持たせようと考えています。AirTagのGPSはどのくらい正確なのか知りたいです。」

「見守り用でないAirTagを利用するデメリットはありますか?」

子供にGPSを持たせたい親は多いです。みまもりGPSは種類が多く、どれがいいか悩みますよね。そんな中、エアタグを利用している人もいます。

当記事では、エアタグを子供のみまもりGPSとして使うのはアリか?について、まとめました。

どうぞご覧ください。

AirTag(エアタグ)とは?

Apple社から発売されている失くしものを発見するツールです。スマホとエアタグをペアリングして使います。

スマホに初期搭載されている「探す」アプリで位置情報を確認できます。家の中でなくしたなら、音を出して探すこともできます。iphone、iPad、Androidで利用可能です。

  • 直径31.9mm
  • 厚さ 8.0mm
  • 重さ 11g
  • 値段 4780円(税込)

今回はこのエアタグを子供のGPSとして持たせようという検証です。もともと紛失物を探すアイテムなので、GPSとしての使用は推奨されていないことはご了承ください。

エアタグをみまもりGPSとして使うメリット

数あるみまもりGPSの中でも、エアタグは他のものと違いがはっきりしています。比べやすく、メリットもわかりやすいです。

  • 買い切り
  • 充電不要
  • 軽量
  • 小さい
  • 防水

エアタグは初期投資だけで、月額料金はかかりません。費用は本体価格だけです。

リチウム電池で動いているので、充電の必要はなし。1年は持ちます。電池もコンビニで売っている一般的なものです。一度子供に持たせたら、充電などの管理がいらないのはいいですね。

サイズも小さく軽い。500円玉くらいです。他社GPSは手のひらサイズで、ランドセルの横にぶら下げるには少し大きく感じます。

エアタグなら家の鍵に付けられるので、鍵の紛失防止にもなって一石二鳥です。

持ち歩きにカバーは必須です。カバーは公式、それ以外、ハンドメイドで作っている方もいます。

エアタグをみまもりGPSとして使うデメリット

  • 位置情報はリアルタイムでない
  • 音が鳴るかも

一般的なGPSは2分更新ですが、エアタグはだいたい10分更新です。しかし位置情報はかなり正確です。

エアタグはiPhoneのBluetoothを使って位置を把握しています。日本中全てのiPhoneで、です。Bluetoothの範囲は大体30mですから、家の中にいても家の前を通れば感知する距離です。日本は特にiPhone保有率が高いので、住宅地ならほぼ完ぺきに位置を把握できます。

また、悪用防止のために音が鳴る仕組みになっています。その点に関しては、次の項目で詳しく説明します。

学校で音が鳴らないか心配

エアタグはシステム上音が鳴ることがあります。子供が学校にいるときに音が鳴らないか心配になりますよね。

エアタグの音が鳴るパターンは3つです。

  • 自分で鳴らす
  • Bluetoothがオフ
  • 長時間離れる

自分で鳴らす

「探す」アプリの機能で音を鳴らすことができます。家の中で紛失したときなど、音を鳴らして音を頼りに探すのです。

ペアリングした親のスマホで「サウンドを鳴らす」をタップしなければ、鳴りません。

Bluetoothがオフ

Bluetoothをオフにしたまま、エアタグを長時間動かさずにいた後、動かすと音が鳴ります。これはBluetoothをオンにすれば、ならなくなります。

節電のためにオフにしている人はご注意ください。ちなみにBluetoothがオフでもエアタグの位置情報は確認できます。

長時間離れる

ストーカーなどの悪用防止のために、スマホから離れるとランダムで8~24時間後に音が鳴ります。例えば子供が8時に出かけると、16時以降鳴る可能性があるということです。

どんな音かというと。「ピピピ…」というような鳥が鳴くような感じです。そんなに大きな音ではありません。カバンに入れていると、よく聞かないと気付かないくらいです。1分以内に勝手に鳴りやみます。

授業中になっても問題ないとは思いますが、子供本人と先生に事前には説明しておいたほうがいいですね。

エアタグの評価

  • 10分更新、位置正確なGPS。
  • 買い切りで充電不要、管理が楽。
  • 音が鳴るかも…小さい音だから問題なし。
参考記事

tensen]

以上、「AirTag(エアタグ)は子供の見守りGPSとしてアリか?検証する|買い切り・小さい管理不要で使いやすい」でした。

参考記事も合わせてご覧ください。