禁煙外来・保険適用は条件付き?実際にかかった費用と薬の全て

禁煙

禁煙に挑戦してもやめられない理由は、タバコに含まれるニコチンが原因です。ニコチンは人に快感を与えると同時に強い依存性を持っています。

何度も快感を味わいたいと思い、タバコから離れられない状況を「ニコチン依存症」と言います。ニコチン依存症になると自らの意思でタバコを止めることが難しくなります。

ニコチン依存症は治療が必要な病気なのです。そこで医師や薬の力を借りて、治療しようというのが禁煙外来です。

夫が禁煙外来に通院した費用・保険・薬についてお話します。どんな治療か参考にしてみてください。

治療が必要な人ってどんな人?

禁煙を自分の意思でできる人には、当たり前ですが治療は必要ありません。自分の意思でタバコをやめられない人、ニコチン依存症の人は、禁煙外来で治療することをおすすめします。

以下、ニコチン依存症を判定するテストです。いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多く吸ってしまうことがある
  2. 禁煙または喫煙の本数を減らそうとして、失敗したことがある
  3. 禁煙または喫煙の本数を減らそうとしたとき、タバコが欲しくて仕方なくなる
  4. 禁煙または喫煙の本数を減らそうとしたとき、次のいずれかの症状があった(イライラする・神経質になる・落ち着かない・集中できない・憂鬱・頭痛・眠気・胃のむかつき・脈が遅い・手の震え・食欲または体重の増加)
  5. 4の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがあった
  6. 重い病気にかかったとき、タバコは体に良くないと分かっているのに吸うことがある
  7. タバコのために自分に健康問題が起きていると分かっていても、吸うことがあった
  8. タバコのために自分に精神的問題(神経質・不安・抑うつなど)がおきていると分かっていても、吸うことがあった
  9. 自分は煙草に依存していると感じることがある
  10. タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かあった

出典元すぐ禁煙jp

5つ以上当てはまると、ニコチン依存症です。

禁煙治療の保険適用

禁煙治療にも健康保険などは適用されます。

ただ保険適用を受けるには条件があり、1回めの診察で医師が判断します。条件を満たさなくても、自由診察で治療を受けられます。

病院に行く前に、自分でチェックしましょう。

  1. ニコチン依存症の判定テストで5つ以上当てはまる(前章でチェックしてみましょう)
  2. (1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上。例えば、20歳から1日20本喫煙している30歳の人なら、20本×10年=200で対象になります
  3. 禁煙したいと思っている
  4. 医師から受けた禁煙治療の説明に同意(文書にサインし同意します)

健康保険などでの自己負担額は3割負担です。

どんな治療をするのか

治療のスケジュールは12週間、合計5回の診察があります。

診察スケジュール

治療内容

  • 診察
  • 呼気一酸化炭素濃度の測定
  • 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  • 禁煙補助薬の処方

息に含まれる一酸化炭素の濃度は、禁煙がうまく進めば、数値がだんだん減っていきます。これは禁煙の成果が可視化され、モチベーションになります。

禁煙治療の費用は?

夫が通院していたときの費用です。医療機関によって違いがあると思うので、目安としてご覧ください。


 

費用(自己負担額3割)

初診料+再診料

10,080円(3,024円)

ニコチン依存症管理料

9,620円(2,886円)

院外処方せん料

4,080円(1,224円)

禁煙補助薬

37,660円(11,298円)

61,440円(18,432円)

禁煙の薬ってどんなの?

禁煙の薬には「飲む」タイプ「貼る」タイプ「噛む」タイプの3種類あります。

それぞれ特徴が違うので、医師と相談して自分に合ったものを選びましょう。

「飲む」ニコチンを含まない飲み薬

タバコを吸わないときの離脱症状、喫煙による満足感を抑えます。

1日2回食後に服用します。飲み始めてから8日後に禁煙を開始し、12週間飲み続けます。

  • 保険適用
  • 医師の処方が必要
  • 飲むだけで簡単

「貼る」ニコチンパッチ

禁煙による離脱症状を抑えます。

「ニコチンパッチ」はニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。ニコチンを皮膚から吸収させます。

毎日1枚を腕やお腹、背中などに貼ります。

使用期間は8週間。サイズをだんだん大きいものから小さいものへ変えていきます。

  • 保険適用
  • 人に気づかれない

「噛む」ニコチンガム

禁煙による離脱症状を抑えます。

「ニコチンガム」は口の中の粘膜からニコチンを吸収させるガム制の薬です。

タバコを吸いたくなった時、1回1個を噛みます。噛み方は普通のガムとは違うので、十分理解してから使用しましょう。

  • 薬局などで購入できる
  • タバコが吸いたくなったとき、いつでも使用できる
  • 口寂しさもまぎれる

禁煙の飲み薬を服用してみて

夫は「チャンピックス」という飲み薬を使用しました。使い方などを紹介します。

禁煙飲み薬チャンピックスの効果

  • ニコチン切れの症状をおさえる
  • タバコをおいしく感じにくくする
チャンピックス

タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合し、快感を生じさせる物質(ドバミン)が放出されます。チャンピックスはこの受容体に結合し、ニコチンよりも少量のドバミンを放出し、イライラするなどの離脱症状を軽くします。

ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、タバコを吸ってしまったとき、おいしいと感じる満足感を感じにくくします。

禁煙飲み薬チャンピックスの副作用

チャンピックスを使用すると、以下の副作用が現れることがあります。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 上腹部の痛み
  • 便秘
  • お腹の張り
  • 普段と違う夢を見る
  • 不眠

私の夫は特に副作用はありませんでした。

禁煙飲み薬チャンピックスの服用の仕方

薬の飲み方
  1. 禁煙開始週間前から、チャンピックスを服用し始めます。最初の1週間で飲む量を徐々に増やしていきます。
  2. 服用8日めから、禁煙スタート。自然にタバコを吸いたくなくなった場合、早めに禁煙してもいいです。
  3. チャンピックスを12週間服用します。禁煙できても、最後まで飲み続けます。

禁煙治療の期間

治療期間は12週間です。その間たとえ禁煙できたとしても、医師に相談なく治療を中断しないようにしましょう。

自分の力だけで禁煙できると考えて治療を中断すると、医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなります。結果、禁煙が失敗しやすくなります。

禁煙治療を受けた回数と禁煙成功率

禁煙成功率のグラフ

禁煙治療をして9か月後、禁煙を続けている人の割合です。治療を受ける回数が多いほど、禁煙の成功率は上がります。

禁煙治療のその後

禁煙治療は基本的に12週間で終わります。その後は医師や薬に頼らず、自分の力だけで禁煙を続けていかなければなりません。

もちろん本人が望めば、治療や薬の処方を延長することはできます。ですが、治療はあくまで補助であって、禁煙は本人の意思がなければできません。

一生戦い続ける覚悟を持って、がんばりましょう。

禁煙【禁煙外来の体験談】夫が3ヵ月治療した効果とその後