車の日焼け対策グッズ・車内は見た目より完全防御

車

日焼けの程度は人によって違いますが、日に当たると3秒で日焼けが始まります。
たとえ短時間の運転でも、日焼け対策を欠かさないようにしましょう。

紫外線は窓を透過します。

もちろん日焼け止めでも対策できますが、日焼け止めよりも日に当たらないようグッズで対策したほうが確実です。肌への負担もなく、手軽です。

車内は人の目を気にする必要がありません。徹底的に対策しましょう。

車内で使える日焼け対策グッズをご紹介します。

UVカットガラスは本当に有効か?

国産車のフロントガラスはほぼUVカットガラスで紫外線99%カットですが、安心できません。

UVカットガラスの仕組み

フロントガラスは2枚のガラスを合わせた合わせガラスになっています。2枚のガラスで特殊なシートを挟んでいます。
交通事故等でガラスが割れても、合わせガラスのおかげでガラスが飛び散りません。

この合わせガラスが紫外線99%カットするのです。
しかし合わせガラスになっているのは、フロントガラスだけで、他の窓はUVカットになっていない場合があります。

車の窓がUVカットか調べる方法

フロントガラス

合わせガラスには若干ですが、色がついています。少し離れて、横から見ると分かります。

  • ブルー
  • グリーン
  • グレー

そのほかの窓

よく見ると窓の下のほうに、表示があります。UVと表示されていれば、UVカット加工がされています。車によっては、UV・UVS・UVUの表示されていることもあります。

UVカット99%でも安心できない

紫外線は紫外線A波紫外線B波の2種類があります。
UVカット加工で99%防げるのは紫外線B波だけで、紫外線A波は10%程度しか防げません。

  • 紫外線A波…肌の奥深くに入り込み、肌のしわやたるみを引き起こす
  • 紫外線B波…肌表面近くに炎症を起こし、シミの原因となるメラニンを発生させる原因となる
日焼けの仕組み

UVカット99%でも紫外線A波は、ほぼ防げません。普通の窓の紫外線透過率が90%なので、紫外線A波に関しては普通の窓と変わらないということです。

99%カットに安心せず、日焼け対策をしましょう。

車の窓にUVカットフィルム

UVカットフィルムは紫外線対策に有効ですが、選び方・貼り方が素人には難しいです。専門家に頼んだほうが無難です。

選び方

  • 紫外線A波に対応している
  • フロントガラス・運転席・助手席の窓は透明のもの
  • 車検に通るために、可視光線透過率70%以上ある

専門家に頼んだ場合の費用
フィルム代・施工費用を合わせて、軽自動車で2万円、普通車で3~4万円かかります。時間にして3~4時間はかかります。

運転中の日焼け対策・腕手

アームカバーの選び方

  • UVカット加工
  • 着脱が簡単
  • ずり落ちない
  • 手の甲までカバー
  • 熱くない冷感仕様

運転中目も焼ける

直接、肌に当たっていなくても目に紫外線が入ると、刺激が脳へと伝わります。脳から情報が伝わり、シミを作り出すメラニンを放出する命令が出てしまうのです。

目を焼かないためにサングラスを

サングラスは暗い色のものを選ぶと、瞳孔が開き、余計に光を浴びてしまいます。色はUVカットのある透明か黄色のものを選びましょう。