クラウドに写真を保存するならamazonドライブがおすすめな理由

amazonクラウド

Amazonドライブは、アマゾンが提供しているクラウドサービスです。

プライム会員向けのサービスですが、プライム会員でなくても5GBのデータを保存できる容量を無料で使うことができます。

  • プライム会員…5GB+写真は無制限で保存可能
  • 非会員…5GB(写真・動画・ドキュメント含む)

多くの人がクラウドを利用する目的は、写真の保存(バックアップ)でしょう。写真のデータならば無制限というのは、利用者にとってありがたいです。

Amazonドライブの容量

プライム会員(年会費3900円)ならば、プライム特典として写真の保存が無制限にできます。

  • 無制限・費圧縮の写真ストレージ
  • 動画・ファイル(画像・ドキュメントなど)の5GBのストレージ
ストレージとは
パソコンやスマホなどのデータを保存しておく場所・装置のことです。
CDやDVD・ハードディスクもストレージに含まれます。

Amazonドライブの対応しているフォーマット

写真フォーマット

JPEG・BMP・PNG・DIF・TIFF・HEIF・HEVC・RAW

ビデオフォーマット

MP4・QuickTime・AVI・MTS・MPG・ASF・WMV・Flash・HEVC・OGG

上記のフォーマット以外でも、アップロード(保存)できます。ただし、Amazonドライブ内で見ることはできません。見るには、一度ダウンロードする手間がかかります。

注意
スマホのモーションフォトで撮った写真は、写真の前後3秒がビデオで撮影されますが、Amazonドライブに保存できるのは写真のみです。

Amazonドライブへのアクセス方法

写真のデータは、アマゾンのクラウド上に保存されます。そのため、様々なデバイスからアクセスが可能になります。

外出先でパソコンを持っていないとき、スマホが壊れてデータが消えたとき、Amazonドライブにバックアップしておけば、データの復元が簡単にできます。

アクセスできるデバイス

  • iOS・Android端末
  • Fireタブレット
  • パソコンのウェブブラウザ
  • Windows・Macのデスクトップアプリ

放棄・解約

クラウドにデータを保存しておいても、データを放棄したと見なされると、クラウド上のデータが消去されてしまいます。その原因は、放棄・ストレージ上限を超える・解約です。

放棄

2年間、Amazonドライブにアクセスしない・アップロード・ダウンロードしないまま放置していると、データを放棄したと見なされてしまいます。利用者にメールで知らせたのちに、データは全て削除されます。

アップロードした後も、しっかり管理しておきましょう。

ストレージ上限を超える

写真の保存は無制限ですが、それ以外のデータが5GBまでです。5GBの上限を超えたまま180日経過すると、最新のアップロードデータから超えたデータ分削除されます。

ストレージ上限を上げるには、追加料金が必要です。(100GB 年2490円)

解約

利用者の意志で解約した場合、解約後3か月まで利用可能です。

Amazonドライブの使い方

Amazonドライブは、複数のデバイスからアクセスできます。それぞれの使い方は以下の通りです。

スマホのアプリを使う

アプリのインストール

AppStoreからAmazonドライブのアプリをダウンロードします。

アップロード方法

アプリを起動するだけで、自動でスマホに保存された写真をアマゾンのクラウドにアップロードします。

写真の削除

  1. 消したい写真を選択
  2. メニュー(3つの○のアイコン)から削除をクリック

パソコンのウェブブラウザを利用する

アップロード方法

  1. AmazonDrive(Amazonサイト)にアクセス
  2. ウインドウ内に写真をドラッグアンドドロップ、またはアップロードをクリックして、写真を選択する

ダウンロード方法

  1. AmazonDrive(Amazonサイト)にアクセス
  2. ダウンロードしたい写真を選択して、ダウンロードボタンをクリックする

削除の方法

  1. 削除したい写真を選択
  2. 削除をクリックする

削除すると、「削除済みアイテムフォルダ」に移動します。30日以内であれば、元に戻すことができます。30日経つと、完全に削除されます。

デスクトップアプリを利用する

デスクトップアプリを利用すれば、ウェブサイトにアクセスする手間が省けて便利です。

アプリのインストール方法

  1. AmazonDrive(Amazonサイト)にアクセス
  2. 「ストレージ管理」をクリック
  3. 「デスクトップアプリケーションを使用したコンテンツのダウンロード」をクリック

アップロード方法

アプリをインストールすると、パソコン内に「AmazonDriveフォルダ」が制作されます。
AmazonDriveフォルダにアップロードしたい写真を移動すると、後は自動でアップロードされます。

ダウンロード方法

  1. アップロードアイコンをクリック
  2. ダウンロードタブを選択し、「フォルダの選択」をクリック
  3. ダウンロード先のフォルダを指定

削除の方法

  1. ウェブアイコンをクリック
  2. Amazonドライブアカウントにログイン
  3. 写真を選択し、削除

アップロードと同期の違い

パソコンでAmazonドライブを利用する方法は、ウェブブラウザとデスクトップアプリの2つがあります。この2つはデータの保存・管理の仕方が少し違います。

  • ウェブブラウザ…アップロード
  • デスクトップアプリ…同期

アップロード

手動でアップロードする写真を選びます。
1度アップロードすれば、パソコン内の写真を消してもAmazonドライブ内の写真は残ったままです。

同期

自動でパソコンとAmazonドライブのデータを同じにします。
1度同期した後でも、パソコン内のデータを消した後、再び同期するとAmazonドライブ内のデータも消えてしまします。

パソコンの容量を確保するために、Amazonドライブを使いたいならウェブブラウザを使いましょう。

共有

プライム会員のみの機能ですが、「ファミリーフォルダ」というフォルダを共有することができます。本人と招待した5人(最大6人)で利用できます。

招待する

  1. プライムフォト(アマゾンサイト)にアクセスする
  2. 右上にある自分の名前を選択する
  3. 「ファミリーフォルダ」を選択
  4. 「他を招待」を選択し、招待する人のEメールアドレス・電話番号を入力
  5. 招待の送信をクリック

招待した人には、プライムフォトアカウントが与えられ、それを使ってアクセスします。

グーグルフォトと比べてみる

同じような写真をするクラウドサービスに、グーグルフォトがあります。写真の保存について、容量と料金を比べてみました。

グーグルフォト

  • 圧縮されるけど、無料・無制限
  • 非圧縮の保存容量は15GBまで無料

アマゾンドライブ

プライム会員(年会費3900円)は、無制限・無圧縮

グーグル・アマゾン共に大手なので、将来サービスがなくなることはないと思われます。なので安全面では、同じです。

多少圧縮されても気にしない方は、グーグルフォトで十分です。プライム会員ならば、アマゾンの様々なサービスを受けられるので、Amazonドライブ以上の恩恵を受けることができるのでお得です。

個人的にはクラウドはグーグルフォト・Amazonドライブ両方使うことをおすすめしたいです。

1つのクラウドにバックアップしておいたほうが、スマートで管理しやすいですが、2つのクラウドを利用してリスクを分散しておいたほうがいいからです。