置き勉解禁|盗難対策も必要か?置き勉のメリット・デメリット

ランドセルと本

2018年9月、文部科学省が全国の教育委員会に「置き勉を認める」通知を出す、と発表されました。

特に小学生低学年にとって、ランドセルや教科書などの荷物が重すぎると指摘されてから、やっとの対応です。これでやっと置き勉が、正式に認められることになります。

また置き勉解禁とともに、新たな問題も起こると予測されます。

そもそも置き勉って何でダメだったの?

置き勉とは
宿題で使わない教科書を教室に置いて帰ること
リコーダーや書道道具なども含まれる

今まで置き勉について、公式なルールは決められていませんでした。

そのため、各学校の判断に任せられていて、禁止している学校も多くありました。

学校が置き勉禁止の理由

  • 自宅学習を促すため
  • 盗難・いたずら防止のため

重すぎる荷物が問題に

ランドセルと中身の重さの平均 7.7キロ

子供が背負う荷物は、体重の10%以内が推奨されています。

小1女子の平均体重が20キロなので、7.7キロは完全にオーバーしています。自分の体重の3分の1もの荷物を背負って、毎日20~30分歩いているのです。

大人で例えると、15キロの荷物を背負っているのと、同じ感覚です。15キロって山登りの装備じゃないんだから…。

5キロの米を買って運ぶのって、大人でも大変なのに。毎日7.7キロは、やはり重すぎます。

ランドセルが重い

ランドセルの重さ 1.0~1.6キロ

教科書のサイズに合わせて、ランドセルも大きくなっていきました。本革か人口皮で、重さに500グラムぐらいの違いが出てきます。

軽いランドセルの選び方

  • 重さ自体が軽いこと
  • 背中に隙間ができないこと

背中に隙間が空いていると、中身の重さで重心が後ろに持っていかれるため、実際の重さ以上に重く感じてしまいます。肩や腰に負担を減らすためにも、背中に隙間のできないランドセルを選びましょう。

教科書が重い

小3国算理社の教科書の重さ
40年前 990グラム
現行版 2150グラム

昔と今では、2倍以上重くなっています。

主な原因

  • サイズアップ(最大A4サイズ)
  • ページ数の増加
  • カラーページの増加

教科書だけじゃない持ち物

  • 体操着
  • 水筒
  • 習字道具
  • リコーダー
  • 鍵盤ハーモニカ
  • 辞書
  • 女子にありがちな大きな筆箱

置き勉のメリット

体への負担が減ります。

  • 腰痛・肩こりの解消
  • 通学での体力消耗の軽減
  • 両手が空くことで、けが・事故の危険を減らせる

さらに少し大げさでですが、置き勉をすることで、自己決定・取捨選択をできるようになります。

  • 何を持ち帰り、何を置いて帰るのかを、自分で決めること
  • 自分で持ち帰れる荷物の量を考えること

特に小学生は、先生に言われたことを素直に聞きがちです。いいことでもあるのですが、自分で考え、実行する力を付けることも大切です。

置き勉のデメリット

置き勉が解禁されると、様々な問題が予想されます。

  • 置く場所がない
  • 盗難・いたずら

置き勉どこに置く?

考えられる置き場所は、机かロッカーです。

  • 机…入りきらない(道具箱が半分占領している)
  • ロッカー…入りきらない(ランドセル・鍵盤ハーモニカが占領している)

机やロッカーは、置き勉するスペースはありません。

工夫と手間が必要です。

  • 学校にいるときは、全ての教科書をランドセルに詰め、ロッカーにしまう。帰るときは、ランドセルから置き勉する教科書を出して、机やロッカーにしまう。
  • 机の横の荷物掛けに、丈夫なカバンをかけて、置き勉入れにする。
  • 椅子の背もたれに、専用の荷物入れを設置する。

盗難・いたずら対策

  • 理想は鍵付きのロッカーですが、学校が新たに用意するのは期待できません。
  • 教室に鍵をかけてもらう。先生の負担を考えると、できる学校と、できない学校があるでしょう。
  • 自分のものは自分で守る。鍵付きの箱・カバンを用意する。

今後の課題

置き勉しやすい環境づくり

  • 置き場所の確保
  • 鍵付きロッカーの設置
  • 教室の施錠

荷物を減らす工夫

  • 教科書の電子化
  • 電子辞書の解禁
  • 大きなもの(朝顔の鉢など)を親の車で持って帰る許可

日本の学校は、子供とはこういうものだという押し付けや、今までこうしてきたという慣例に縛られ過ぎです。禁止するばかりではなく、これからは子供のことをちゃんと考え容認するところは容認するようにしてほしいです。