ネット代節約|一人暮らしにはモバイルWi-Fiルーターがお得

モバイルルーター

スマホ代を安くするなら、SIMフリー。ネット代を安くするなら、モバイルWi-Fiルーター。

モバイルWi-Fiルーターが一つあれば、スマホ・タブレット・パソコン・ゲーム(PS4・ニンテンドーswich)など、全ての機器をネットにつなげることができます。

なにより安い。これに限ります。

月々3000~4000円で、快適なネット生活が送れます。

ネットにはWi-Fiが必要

ネットを使うには、Wi-Fiの電波を飛ばすルーターが必要です。

Wi-Fiとは
無線LAN規格の一つ。
スマホやパソコンがWi-Fiにつながることで、インターネットができる。

Wi-Fiは世界中どこにでもある。

けれどスマホやパソコン単体では、Wi-Fiの電波をキャッチできません。ルーターはWi-Fiの電波をキャッチし、あなたのスマホやパソコンにWi-Fiの電波を飛ばす役割を担っています。

ネットをするなら、ルーターは必須アイテムです。

ルーターの設置には、3つの方法があります。

  • 光回線などの固定回線をひいて、無線LANルーターを設置する
  • スマホのテザリング機能を使う
  • モバイルWi-Fiルーターを使う

一人暮らしには、モバイルWi-Fiルーターがおすすめです。

それぞれ比較してみましょう。

無線LANルーター

光回線などの固定回線を家までひいて、無線LANルーターを設置する方法。

無線LANルーター

値段

プロバイダーによりますが、ひかり回線でだいたい月々4000~5000円

設置方法

住んでいるマンションに、固定回線がひかれているかによって、初期費用が変わります。

固定回線がひかれていない場合

プロバイダーと契約し、マンションの部屋まで回線をひく工事費がかかります。
大家さんに工事の許可をとったりと、いろいろ面倒です。

固定回線がひいてある場合

部屋まで回線がひいてあるので、プロバイダーと契約し、ルーターをレンタルして設置するだけ。初期費用はかかりません。
マンション自体にすでに回線がひかれているため、プロバイダーを選べない。

引っ越しするとき

プロバイダーを解約し、レンタルしたルーターを返します。郵送で、送料はこちらが負担しなければいけない。

スマホのテザリング機能

テザリングとは、スマホをルーターとして使う機能です。
すぐに使えて、料金も発生しません。

使い方

iphoneの場合

「設定」→「インターネット共有」をオンにする

Androidの場合

「設定」→「無線とネットワーク」→「テザリング」

デメリット

  • 充電の減りが早い
  • 通信料がかかる
  • 通信制限にひっかかる

通信量が増えると、通信制限がかかることがあります。動画がスムーズに見れなかったりするので、普段使いには向きません。

モバイルWi-Fiルーター

一人暮らしにおすすめなのが、モバイルWi-Fiルーターです。

値段

月々3000~4000円

持ち運び

モバイルWi-Fiルーターというと、常に持ち運ぶ手間がかかると思われがちですが、外で高速インターネットをする必要がなければ、持ち歩かなくてもいいんです。

家に置きっぱなしでOK。

モバイルWi-FiルーターのWi-Fiの届く範囲は、10~15メートルです。一人暮らしの部屋なら、問題ない距離です。

引っ越しのとき

引っ越しするときも、そのまま持っていけます。引っ越し先で、設定なしでそのまま使える。

モバイルWi-Fiルーターおすすめ4選

DriveWiMAX2

値段

3,388円/月(税抜)

データ容量

7GB

通信制限

3日間で10GB以上

公式ページを見る

Cモバイル

値段

3,600円/月(税抜)

データ容量

5GB

通信制限

なし

公式ページを見る

Yahooモバイル

値段

2,480円/月(税抜)

データ容量

上限なし・無制限

通信制限

ひと月の使用量5GB以上

公式ページを見る

NOZOMI Wi-Fi

値段

3,480円/月(税抜)

データ容量

100GB

通信制限

一日の使用量10GB以上