ふるさと納税を使って、お中元・お歳暮を贈るのってどうなの?

プレゼント

ふるさと納税の返礼品を、お中元・お歳暮として贈ることができます。

お届け先を自宅以外の住所に指定する別送という仕組みは、どのふるさと納税サイトにもあります。

ただふるさと納税をつかって、お中元・お歳暮を贈ることは失礼にならないのでしょうか?

ふるさと納税と贈り物の疑問を解決します。

ふるさと納税でお中元・お歳暮のやり方

ふるさと納税サイトによっては、お中元・お歳暮の時期にキャンペーンを実施していたり、取り扱っている自治体をまとめた特設ページが作られています。

お中元・お歳暮用の贈答品が多く用意されています。

  • 自宅以外に届けられる別送ができる
  • 熨斗がつけられる

自治によって対応は様々です。プレゼント用にメッセージカードをつけられたり、配達日を指定できたりします。

やり方は簡単

ふるさと納税の送り先を指定するだけで、相手に送れるので、とても便利です。

自治体がお中元・お歳暮用とうたっていなくても、住所さえ指定すれば送れますよ。

ふるさと納税を使ったお中元・お歳暮って相手に分からない?

ふるさと納税の返礼品を使った贈り物って、相手に分かってしまわないの?

残念ながら、分かってしまいます。

なぜなら、送り主の名前が自治体(〇〇県〇〇町ふるさと納税サポート課など)になっているからです。熨斗をつけた場合、熨斗にはあなたの名前が書かれていますが、箱を開けないと誰からのものか分かりません。

届く前にいる、相手には一言言っておいた方がいいですね。身内へのプレゼントにはいいですが、目上の人への贈り物には向いてないかも知れませんね。

そんな時は面倒ですが、一度自宅へ送ってもらった後、自分で送り直したほうが無難です。

ふるさと納税でお中元・お歳暮を贈るメリット

メリットは、何より手間がかからないことです。パソコン・スマホひとつで選んで注文できます。そして何より、安く送れることです。

  • 安く送れる
  • 出かける手間が省ける
  • 送料がかからない

ふるさと納税でお中元・お歳暮を贈るデメリット

何よりのデメリットは、ふるさと納税を利用したとバレバレなことです。相手によっては失礼にあたるので、気をつけましょう。

商品が見えない

実際に品物を見て選べないことです。

ネットショッピング全体で言えることですが、写真と印象が違ったなんてことは多々あります。

いつ届くか分からない

だいたいの出荷予定日は決まっていますが、注文が殺到しているなどの理由で遅れることがあります。

お中元・お歳暮の時期に間に合わないと困ってしまうので、早めに注文するなどの工夫が必要です。

さとふるでは、届く日を指定できるサービスを実施している自治体もあるので、便利です。

まとめ

ふるさと納税を使ったお中元・お歳暮は便利だけど、相手にふるさと納税と分かってしまいます。

早めに自宅に届くようにし、お中元・お歳暮の時期に送り直すのが、確実で賢い使い方かもしれません。