【開業届・青色申告まとめ】節税効果を最大限高めるために

【開業届・青色申告まとめ】節税効果を最大限高めるために

開業届・青色申告についての疑問をまとめました。

開業届・青色申告を出すことで、節税になります。個人事業主にとっては、提出する手間を差し引いても出す意味のあるものです。

見返りとしての税金の優遇がとても高いです。個人事業主なら、利用しない手はありません。

開業届・青色申告の疑問を解決する記事をまとめました。

開業届は必要なのか?

開業届は必要? 出す・出さない?それぞれのメリットとデメリット

開業届は必要なのか?メリットとデメリットを知りたい方へ。

開業届を出すも出さないも、自由です。出さなくても事業はできますし。

ただ開業届を出すことで、あなたの身分の証明になります。個人事業主はいくら収入があっても、自称です。開業届であなたの社会的地位を証明できるのです。

他に、デメリットもあります。

開業届はいつ出すべき?

開業届を出すタイミングはいつがベスト?開業日を決めるコツ

開業届をいつ出すのがいいのか、迷っている方へ。

開業届はいつ出してもいいです。

しかし青色申告の税金優遇を最大限行けるためには、開業届を出すタイミングを考えなければいけません。

税金の計算に必要な収入の計算は、1~12月の1年間です。年の途中で申告すると、損をすることがあるので気をつけましょう。