地震保険は賃貸では必要ない。家財保険も大した額じゃない

ビル群

賃貸なら地震保険は必要ありません。

建物に被害があっても関係ないですから。部屋を借りる人は、自分の家財の心配があるだけです。

地震保険は高いんです。

家財の保証と保険料を天秤にかけると、賃貸には地震保険は要らないと言う結論に至ります。

地震保険の仕組み

地震保険は、政府と民間保険会社が共同で運営しています。

大地震の巨額の損害をカバーするためです。一定以上の保証金は、政府が負担することになっています。

地震保険は火災保険とセットでしか加入できません。地震保険単独での契約は不可能です。

火災保険って必要?賃貸の最低限お勧めプラン

地震保険の補償範囲

地震、噴火。それらによる津波や火災の被害

地震保険の補償

賃貸は家財のみの補償になります。

火災保険の補償額の30~50%まで(1,000万円が上限)

地震保険の支払い

損害の規模によって変わります。よく聞く全壊・半壊などの言葉は建物の被害なので、賃貸の人には関係ないです。

家財の補償は、家財ごとに補償の割合が決まっています。例えば、食器が壊れたら1%、パソコンなら2.5%など。壊れたものの合計割合で、全体の被害の割合が決まります。

地震保険は高い

地震保険の保険料は、国が一律で決めています。なので、どの保険会社を選んでも保険料は同じです。

保険料は、建物が建っている都道府県ごとに決められています。大規模地震が予想されている地域の保険料は高めに設定されています。
安いところは数千円から高いところはその10倍にもなります。

保険料は一律と言いましたが、耐震工事をしていると割引になる制度もあります。

賃貸の場合は、家財補償だけですので、火災保険と比べると保険料が割高になります。

地震保険は賃貸では必要ない

賃貸の場合で、地震による被害は家財のみなります。その保険は火災保険の30~50%程度と少ないです。

地震保険が必要ない理由

  • 地震保険をかけるほどの被害ではない
  • 得られる補償額が少ない

賃貸だと土地を持っていない分、身が軽いのが利点です。もしもに備えて貯金をしておくことが、保険に入るより重要ではないでしょうか。

加入している家財保険の50%を目安に貯金しておけば、当面の生活には困らないと言えるでしょう。

まとめ

持ち家の人には必須の地震保険ですが、賃貸の人にはその必要性は薄いです。

保険料を払うより、もしもに備えて貯金することをおすすめします。