火災保険って必要?賃貸の最低限お勧めプラン

焚火

火災保険は必ず入らなければいけない保険ではありません。

しかし賃貸の部屋を借りるとき、火災保険にも加入するのが通常です。

もしもあなたが原因で火災が起き、建物に損害が出たとき、あなたに支払い能力がないと大家さんが困ってしまいますからね。火災保険に入らなければ部屋を貸してくれない大家さんは多いです。

とは言え、不動産屋(大家さん)が指定した火災保険に入る必要はありません。「保険を強制してはいけない」と法律でありますから。

不必要なプランに入れられていることもありますから、見直してみると良いですよ。

火災保険ってどんな仕組み?

火災保険は、名前の通り火災による被害に備える保険です。

保険会社のプランによっては、火災だけでなく水害や台風被害・盗難の被害にも対応しています。ここではシンプルに火災だけに絞って説明します。

火災保険の内容

賃貸の入るべき保険は以下の2つです。

  • 家財保険…火災による被害を受けた課題に対しておりる保険です。家財とは、家電・家具・衣服・本・日用品などを含みます。
  • 借家人賠償責任保険…火災の原因を作ってしまった場合、建物の被害に対しおりる保険です。

火災保険は火災だけなく、他の自然災害(水害・盗難等)の特約(オプション)をつけて契約している人が多いです。

火災保険と言いながら、様々な災害に対応できる災害保険になっている一面があります。

火災保険って必要?

部屋を借りるなら、万が一に備えて火災保険に入っておくべきです。建物の被害が多額になる可能性があるからです。

火災を起こしてしまったら

燃えてしまった家財は、家財保険。建物の被害は、借家人賠償責任保険でまかないます。

火災に巻き込まれたら

基本的に故意でなければ火災を起こしても、被害を賠償する責任は無い…と法律で決まっています。つまり、貰い火で家財が燃えてしまっても、賠償してもらえないと言うことです。

自分の家財を守るためにも、火災保険は大切です。

火災保険の見直しの仕方

すでに火災保険に入っている人は、自分がどんな内容の火災保険に入っているのか確認しましょう。

部屋の契約時に、不動産屋が選んだ火災保険に入れられていると、自分がどの保険会社に入っているかも知らない…なんてことがあります。

加入している内容を確かめる

火災保険会社を知る方法

  • 不動産屋に聞く
  • 更新の手紙で確認する

火災保険会社がわかったら、直接問い合わせをして契約内容を聞きましょう。

内容の見直しをする

不動産屋は火災保険会社からマージンをもらっています。そのため必要以上に高い保険に入れられていないかチェックしましょう。

家財保険

いくらの保障に入っているかチェック。新たに家財を買い直すのに必要な金額で充分です。保証金額が少ない方が、保険料も安くなります。

借家人賠償責任保険

いくらの保障に入っているかチェック。大家さんが指定した値段に入っているか、不動産屋が決めた値段のどちらかになっているはずです。建物の値段は分かりにくいので、判断しにくいのですが。築年数と建物の大きさで、判断するしかないです。

特約

水害・盗難の保障などのオプションは必要なものにしぼりましょう。

火災保険料の相場は?

必要最低限の家財保険と借家人賠償責任保険だけなら、年5000円以下が相場です。

それより高い保険料の場合は、不必要な高額の保障に入っているか、他の特約に入っているはずです。見直してみましょう。

火災保険の疑問

火災保険って勝手に解約していいの?

答えはokです。

法律で保険に入ること(どの保険に入るか)を強制してはいけないとあります。不動産屋や大家さんに報告する義務もありません。

ただ火災保険は自分を守るためのものです。他の会社に乗り換えるのはいいですが、火災保険に入らない…のは、おすすめしません。

火災保険を解約するタイミングは?

いつでもokです。

ほとんどの火災保険は、保険料が日割で戻ってきます。

火災保険の補償範囲は?

火災や消火活動による被害、損害に対する補償です。地震による火災は保険適用外になります。

地震による被害には、地震保険が必要です。ただ賃貸では必ずしも必要ではありません。

地震保険は賃貸では必要ない。家財保険も大した額じゃない

お勧めの特約は?

火災保険の特約でよくある保障について

水害保険

  • 家の近くに川、海がなければ必要なし
  • 家が高台にあれば必要なし(ハザードマップで確認を)
  • 部屋が2階以上なら必要なし
個人賠償保険
  • 自転車事故で他人を怪我させてしまったときの保障
  • 他の保険でカバーしてないなら入ると良いです。

保険って契約した金額が全額おりるの?

例えば、家財保険5,00万円の保障で万が一のとき、全額おりるのかどうか。これは保険会社によって違います。

  • 新品で買い直す額
  • 中古として値段を査定する(時価)
  • 実際に持っていた家財の金額に限る
  • 保証金額の全額

保険会社によって対応が分かれます。契約内容を確認しましょう。

まとめ

火災保険には自分のために入っておきましょう。

入るべき保険は、家財保険と借家人賠償責任保険の2つだけです。それ以外の特約はお好みで。