ふるさと納税の申し込みはどのサイトがいい?使いやすいおすすめサイトをご紹介

どっち

ふるさと納税はどうやって申し込めばいいの?

申し込み方法は2つ。

  • 直接自治体のホームページから申し込む
  • ふるさと納税サイトから申し込む

どこにふるさと納税するか決めているなら、直接自治体のホームページにアクセスしましょう。ただ自治体によっては、ふるさと納税を実施しているのに専用のページを用意していない自治体もあります。

自治体のホームページに申し込みページがない、どこに寄付をするか決めていない場合は、ふるさと納税サイトを利用しましょう。ふるさと納税サイトは、いろいろな自治体の返礼品を見比べることができ便利です。

数あるふるさと納税サイトの中から、どのサイトから申し込めばいいのか、お悩みのあなたにおすすめのサイトを紹介します。

ふるさと納税サイトの選び方

ふるさと納税サイトはたくさんあります。

  • ふるさとチョイス
  • さとふる
  • さとなび
  • 楽天ふるさと納税
  • Yahoo!ふるさと納税

など他にもサイトはあります。

どのサイトでも値段は同じ

ふるさと納税に割引のサービスはありません。

同じ自治体の同じ返礼品ならば、どのサイトを利用しても寄付金の額は同じです。サイトによる値段の違いはありません。

選ぶポイントは使いやすさ

どんなサイトでもランキング、カテゴリー別、地域別、金額別に検索できる機能はついています。使いやすさで差が出るのは、

  • 支払い方法
  • 申し込み後のサポート(確定申告のフォロー)
  • 控除条件の計算の正確さ(ざっくりとした金額しか計算できないサイトもある)
  • サイト独自のポイントサービス

以下、使いやすいおすすめサイトを紹介します。

さとふる

さとふるは、ふるさと納税サイトの中でも古参の1つです。

古参なだけあって、細かいところに手が届く作りになっています。ふるさと納税の申し込みから確定申告まで、さとふるのサイト1つで全て完結できる便利すぎるサイトです。

支払い方法が充実

  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • キャリア決済
  • 電子マネー

シミュレーションの正確さ

控除シミュレーションの計算が細かい。源泉徴収票は手元に、年収などの金額を入力すると、簡単に計算できます。

少しめんどくささはあるものの、負担金2000円の範囲を知るためには必要です。

マイページが管理しやすい

さとふるはマイページの機能が秀逸です。

  • 寄付金の限度額の残金がわかる
  • 返礼品の配達状況がわかる
  • 返礼品の配達日時指定

申し込みをした後も、自治体と連携してサポートが充実している。

ひとつ欠点を挙げると、控除する人と支払いのカード名義が同じでないといけないことです。妻名義のカードが使えたら、もっと使いやすいのに…。惜しい。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税は、楽天ユーザーにオススメのサイトです。

楽天ユーザならば、面倒な住所入力、クレジットカード登録などの基本情報の入力が省略できます。楽天市場と同じ感覚で申し込みができ手軽です。

楽天ポイントがたまる

ふるさと納税の支払いにも、楽天ポイントが付きます。これが楽天ふるさと納税の最大の利点です。

通常の支払いで1%のポイントが付きます。楽天カード払いで+3%。楽天スーパーセールなどのキャンペーンをねらえば、さらにポイントが付きます。

クレジットカードの名義が違ってもいい

注文者の名前=控除する人ならば、妻名義のクレジットカードでも支払いできます。これはできないサイトもあるので、ありがたいです。

欠点は申し込んだ後、何かあった場合、やりとりは直接自治体と行う必要があることです。ほとんどの場合は、申し込んだら返礼品が届くのを待つだけなので、何の問題もないのですが。万が一の場合は、ちょっと面倒です。これは楽天市場の仕組みと同じです。

Yahoo!ふるさと納税

Yahoo!ふるさと納税は、ふるさと納税サイトとしては新参です。大手が運営しているので、安全性は期待できます。

Tポイントが貯まる

Yahoo!JAPANカードで支払いをすると、Tポイントがたまります。Tポイントユーザーにおすすめです。

Tポイントで支払いができる

貯まったTポイントを消費したい人向けです。100ポイント単位で使えるので、便利です。

ふるさと納税の偽サイトに注意

ふるさと納税サイトの偽サイトを使った詐欺が、発生しています。偽サイトは本物の写真を使い、巧妙に作られているので、見た目で見分けるのは難しいです。

見分けるポイント

  • 割引をしている(ふるさと納税に割引はない)
  • 表記されている日本語がおかしい

対策としては、偽サイトを利用しないことしかありません。気をつけましょう。