1歳からのランニングバイク|子供の自転車練習

自転車

自転車は何歳までに、乗れるようになればいいと考えていますか?

昔は小学校に上がる前に、乗れるようになればいいかな…なんて漠然と考えていました。しかし今は4歳になったら、自転車に乗る練習を始めるのが主流です。

何歳までに、という決まりはありませんが、周りの子が乗り始めると親としては焦ります。早い子だと2・3歳で乗れる子もいます。

自転車に乗れる年齢が下がった一因となったのが、ランニングバイクの存在です。

ランニングバイクとは

子供用のペダルのない、またがって足でこぐ自転車です。メーカーによっては、ブレーキがあるもの・ないものがあります。

自転車に乗る前段階・練習用に購入する人が多いです。ランニングバイクに乗った経験があると、その後自転車にスムースに移行し、乗ることができます。

2歳から乗れるものが主流です。ランニングバイクのレースや大会も開催されていたりします。

補助輪では乗れるようにならない?

初めての自転車練習と言えば、補助輪です。

しかし今は補助輪付き自転車に乗っても、自転車に乗るためのバランス感覚は鍛えられない…というのが常識です。ペダルをこぐ感覚を覚えることはできますが、まずバランスがとれなければ、ペダルもこげません。補助輪に頼りきりになって、バランスがとりにくくなるようです。

確かに補助輪を外して、いきなり乗れる子はいないですよね。何回も転んで、体で覚える、でした。

自転車に乗れるようになるには、結構根性がいります。子供によっては、痛くて辛くて自転車の練習なんかヤダなんて言いだす子もいます。親としては無理矢理はさせたくないけど、自転車には乗れるようになってほしいので、困ってしまいます。

そうならないために、ランニングバイクは最適です。

自転車に乗るための最短ルートは、うまくバランスをとれるようになるです。ランニングバイクでバランス感覚さえ覚えてしまえば、練習なしで、いきなり自転車に乗ることもできるのです。

1歳からのDバイクミニ

ランニングバイクは、いくつかのメーカーから販売されています。しかし、ほとんどが対象年齢2歳からです。背が低い子にとっては、サイズが合わないこともあります。

1歳からのランニングバイクはDバイクミニだけです。

Dバイクミニの特徴

  • ペダルなし
  • ブレーキなし

ハンドルの下に2つの前輪がついているので、子供が前に体重をかけて進んでも倒れにくい仕組みななっています。

カラー

  • ミントブルー
  • フロストイエロー
  • スノーホワイト

Dバイクは年齢に合わせてステップアップするシリーズになっています。

  • 1歳 Dバイクミニ(ペダルなし・ブレーキなし)
  • 2歳 Dバイクキックス(ブレーキなし)
  • 3歳 Dバイクマスター12
  • 4歳 Dバイクマスター16/18
  • 5歳 Dバイクエクストリーム

Dバイクミニのレビュー(感想)

1歳4か月の息子は72センチで、平均よりだいぶ小さな体格でした。ですが、Dバイクミニはサイズに問題はありませんでした。

最初はひっくり返して、タイヤを回して遊んでいました。でもそのうちに教えていないのに、またがって遊び始めました。

教えなくても乗れる、感覚で乗れる、これがランニングバイクのすごいところです。

乗り始めのころはハンドル操作がうまくいかず、曲がるときにバランスを崩して転んでいました。でもすぐに立て直して、また乗り始めるので、気に入っている様子でした。

2歳近くになった息子はハンドル操作も上手くなって、部屋の中を上手に乗り回しています。

Dバイクミニはいつまで乗れる?

対象年齢は1歳からとなっています。膝がハンドルに引っかかるようになったら、物理的に乗れなくなってしまいます。

2歳の息子80センチは、まだまだ乗れそうです。部屋の中でおもちゃとして乗って遊ぶには、年齢関係なく乗っていて問題です。

ただ2歳になったら、次のステップのランニングバイクにしてもいいかもしれません。

同じシリーズのDバイクキックス

  • 対象年齢 2歳~
  • サドル最低地上高 30センチ
  • ペダルなし
  • ブレーキあり
  • カラー ブラック・ネイビー・レッド・ピンク

見た目はマウンテンバイクみたいでかっこいいです。

ブレーキがついているランニングバイクはDバイクシリーズの特徴になります。ブレーキ操作で止まることを、早い段階で覚えることができます。

足を置くフットデッキがついています。足をペダルに乗せる習慣を身につけられます。

1歳半からのストライダー

  • 対象年齢 1歳半~
  • 重さ 3キロ
  • ペダルなし
  • ブレーキなし

ストライダーはクラシックモデルとスポーツモデルの2種類あります。

サドルの高さ調節ができるスポーツモデルのほうが、長く使うことができるのでおすすめです。スポーツモデルなら、4,5歳まで使うことができます。

またカラーバリエーションも豊富です。

  • レッド
  • オレンジ
  • イエロー
  • グリーン
  • ブルー
  • ピンク
  • ブラック

ストライダーには大会が多くあり、子供と楽しみながら乗ることができます。

まとめ

大会に出てみたいなら、値段は高めですがストライダー。
大会に出ないなら、Dバイクがおすすめです。