自動車保険で最低限入るべきおすすめ補償・対人対物は手厚く自身車両は節約する

車

「任意の自動車保険は入るべき?自賠責保険に入っていれば必要ないの?」

「自動車保険をなるべく節約したい…。けど補償はしっかり欲しい」

自動車保険は自賠責保険だけでは充分ではありません。事故は誰でも起こす可能性があるので、保険には入っておきましょう。

ではどんな保険に入れば良いのでしょうか?

保険はすべて保証しようと思えば、キリがありません。そうすると保険料が高額になってしまいます。

当記事では、最低限の保障を受けるために入るべきプランをお話しします。最低限の保障と保険料の節約の両立を目指したい方は、ぜひご覧ください。

自賠責保険だけでは充分でない理由

自賠責保険だけでは保証が充分ではありません。

その話をする前に、自賠責保険について整理しておきましょう。

自賠責保険は強制

自賠責保険は法律で加入することが義務付けられています。自賠責保険に加入していない車は、車検を取ることができません。

車を購入するときに加入し、車検のタイミングで更新していくのが普通です。

自賠責保険だけでは充分でない

自賠責保険はどこで加入しても保証の内容は同じです。

事故により他者に被害を与えた、または物損したときにおりる保険です。自分や自分の車に対する損失にはおりません。

しかし、もしもあなたの過失で他者が死亡してしまった場合、賠償金1億円なんてことはあり得る額です。

そうなると自賠責保険の保証だけではありません。

任意保険は必要か?

自賠責保険の保証金だけでは充分ではないので、足りない分を任意の自動車保険で補う必要があります。

事故は誰でも起こる可能性があるものです。自分を守る意味でも任意保険に入りましょう。

最低限入るべきプランは?

対人・対物の補償は厚く、自分や車両の補償を節約すると良いでしょう。

対人・対物

保証は無制限が必須です。

運転者・同乗者

なくてもいい、または無制限まではいらない

車両

もらい事故の場合は相手が払ってくれるので不要です。

当て逃げに備えてドラレコはつけておきましょう。

自損事故や故障の場合、保証金の上限があります。金額は出ません。新車も5年もすると価値がほぼないので、大した額の補償金は出ません。

オプション

オプションは基本いりません。

必要になったらそのとき料金を払えばいいんです。もしものために保険料払うのはもったいないですよ。

  • 弁護士費用
  • レッカー代
  • 代替自動車代
  • 車上あらし被害

よくあるオプションはこんな感じです。

プラスで料金が発生するならいらないです。ただ弁護士費用はあったほうがいいかも。

任意の自動車保険の見直しのタイミングは?

自動車保険は等級や年齢により、保険料が安くなります。更新のタイミングだけでなく、毎年見直しをしましょう。

安くなるタイミング

  • 免許証がゴールドになったとき
  • 年齢が上がったとき
  • 事故をしていない

等級とは?

保険に入ると、6等級から始まります。

保険の補償を使わないと毎年1等級ずつ上がっていきます。事故をすると3等級下がり、車両保険を使うと1等級下がります。

等級が上がると保険料が下がり、等級が下がると保険料が上がります。

まとめ

自賠責保険だけでは不十分です。

自分を守るためにも、任意保険には入りましょう。

  • 対人対物は無制限
  • 車両保険は不要(たいした額でないので)
  • オプションもいらない(弁護士費用はいる)

これで保証はバッチリカバーしながら、保険料を節約できます。

他の保険も見直しをすることで、上手く節約しましょう。特に火災保険は節約しやすいですよ。

火災保険って必要?賃貸の最低限お勧めプラン